Uncategorized

FXで勝つにはスイングトレードがおすすめ!スイングトレードのコツを教えます

更新日:

相変わらずの人気が続くFXですが、なかなか勝てないという方も多いのではないでしょうか?

FXは株や仮想通貨などに比べると、初心者でも取り組みやすい投資方法です。

24時間いつでもトレードできるので仕事、家事、勉強の合間にトレードすることができ、しかも少ない資金でも始めることができます。

とは言え、何のノウハウもないまま始めてもFXは勝てません!

今回はなかなかFXで利益を出せない、そんな方のために今回は「FXで勝つにはスイングトレードがおすすめ!スイングトレードのコツを教えます」というテーマでお届けしていきます。

これを読めば、FXで勝つためのコツがわかるはず!

スイングトレード はFXの基本?初心者でも勝てるってホント?

FXにはポジションの保有期間の長さによって3つの取引方法があります。

ポジション保有時間が数秒~数分のスキャルピング、1日程度の保有期間のデイトレ、そして数日時には数週間以上ポジションを保有するスイングトレード。

この中でトレードの基本、そして初心者向けと言われているのがスイングトレードです。

スイングトレードとは?

スイングトレードとはポジションを保有する機関が、数日から数週間、長ければ数ヶ月程度におよぶ中長期のトレード方法のことです。

スパンが長いため、取引回数は少なくなりますので、大きな利益を得出すためには、相場にある程度のトレンドが発生していることが必須です!

つまりスイングトレードはレンジ相場ではなくトレンド相場に適したトレード方法なのです。

スイングがFXに初心者におすすめな理由!スイングトレードの3つのメリットに迫る

スイングトレードは初心者でも比較的利益が出しやすいトレード方法と言われています。

それには以下のメリットがあるからです。

  • 頻繁なチャートチェックの必要がない
  • 冷静にトレードできる
  • 短期的な相場の変動の影響を受けない

①頻繁なチャートチェックの必要がいらない

スイングトレードはポジション保有期間が数日~数か月です。

しかも後で詳しくお話しますが、基本的に時間足は「日足」を見ながらトレードするため、パソコンに張り付いて相場チェックをする必要がありせん。

エントリーの後は、1日1回のチェック・・・というトレーダーも多いんですよ。

ただし、ストップロスは必ず入れるようにしましょう。

②冷静にトレードできる

スイングトレードはポジション保有期間が長いので、じっくり考えながらトレードすることができます。

スキャルピングなどでは頭に血が上り、不必要なエントリー、決済、損切を繰り返しがちですが、スイングなら冷静さを保ってトレードできるんです。

感情でトレードしてしまいがちな人、そして初心者に最適のトレード方法と言われる所以ですね!

③短絡的な相場の変動の影響を受けない

相場ではいわゆる「ダマシ」と言われる動きがあったり、経済指標、ニュースなどの影響で急変することがあります。

しかし、スイングトレードは相場の大きな流れを見てトレードすることを前提に、リバレッジは低め、損切り幅は広めに取ってあるので、あまり影響を受けないんです。

以上3つがスイングトレードのメリットであり、初心者におすすめの理由です。

 

【必勝法】FXスイングトレードのやり方!スイングトレードのテクニックとコツを伝授

さて、スイングトレードがFX初心者にもおすすめの方法ということはわかっていただけたかと思います。

そこでここでは、実際にスイングトレードをする時の必勝法をご紹介します。

スイングトレードのテクニックや勝つためのコツがわかりますよ!

1.移動平均線などテクニカルで勝つ!

スイングトレードではテクニカル指標を使う事が勝つためのコツです。

機械的にチャート(相場)を分析できるテクニカルにはいろいろな種類がありますが、

その中でも最もポピュラーで多くのトレーダーに使われているのが移動平均線です。

移動平均線とは「一定期間の為替レートの各終値を平均化して、その数値を結んだに線」の事です。

具体的に言うと、五日なら五日、二十日なら二十日の、各終値を足して「設定期間数」で割った値が「移動平均値」になるわけですね。その「点」をつないで「線」にしたのが移動平均線です。

これもまた一見難しく思えますが、移動平均線を使うと相場の大きな流れを資格的に捕らえることができます。

レート(数字)だけを見ていると、どうしても「上がった」「下がった」と数字そのものに踊らされてしまいがちですが、しかし移動平均線を使えば、そんな細かな値動きに惑わされる事がなくなるんです。

スイングトレードにおいて、相場の流れを掴むのは必須なので、移動平均線を使いこなせるようになると勝率がグンとアップしますよ!

 2.エントリーポイントと損切りの見極め

スイングトレードの必勝方として欠かせないのがエントリーポイントと損切りの見極めです。

FX初心者にありがちなのが、根拠のないエントリーと利確、そして損切です。

この中で一番重要なのが「損切り」です。

損失が出ているのに、損切りをしないと含み損がどんどん膨らむ可能性があります。
含み損の分、取れるポジションが少なくなるため、大きなチャンスがやってきてもポジションを取ることができず利益チャンスを失ってしまうのです。

とは言え、ポジション保有期間が長いスイングトレードは、パソコンでチャートを確認する回数も低め、相場の急変に対応できないことがありるものです。

そんな時におすすめなのがストップロス機能です。

これによって、損失を最小限にとどめることができるので、感情でトレードしてしまい、どうしても損切りできない初心者におすすめです。

自動注文機能を使えば、エントリー、利確、損切すべてをオートマチックにできますよ。

3.時間足は日足プラス四時間足を使う

チャートを読むのに必須なローソク足ですが、スイングトレードは正しい時間足を選ぶことで勝率がアップします。

スイングトレードをする時に見るべき時間足・・・実はトレーダーによってかなり違います。

しかし一般的に有効だと言われている時間足は「1時間足+日足」の組み合わせです。

この「一時間足+日足」を見ながら、さらに4時間足や週足、月足なども見つつ総合的な判断をくだせるようになれば、利益を積み上げていくことが必ずできるようになります。

スイングトレードは大きなトレンドをチェックしていくので、1時間足以下の時間足は特にチェックする必要はありません

一時かん未満の短い時間足(30分、15分、5分、1分)までをチェックすると、混乱してしまい冷静な判断ができなくなる可能性も!

つまり「日足で分析、1時間足or4時間足でエントリー」ということです

4.ファンダメンタルズも意識する

FXトレーダーはテクニカル派とファンダメンタルズ派に別れる、なんて言われますが実力あるトレーダーは必ずテクニカル派であってもファンダメンタルズを意識しています。

ファンダメンタルズとは、国や企業などの経済状態などをあらわず言わば指標のようなもので、日本語に訳すと「経済の基礎的条件」となります。

ちょっと難しく聞こえますが、相場を分析し大きな流れを見極める、これがファンダメンタルズです。

通貨ペアの為替相場は該当する二国のそれぞれの経済状態によって上下します。

各通貨の大きな流れ、経済ニュース、指標、時事ニュースなどを見て今後通貨ペアのどちらの通貨が高くなり、どちらの通貨が安くなるのかを予測するのです。

これができるようになると、大きく読みを外すことがありません。

ファンダメンタルズで今後の相場の動きを予測、テクニカルでそれを裏打ちというのはプロのトレーダーもやっている必勝法の1つです。

5.正しい通貨ペア選び

スイングトレードで勝つ秘訣の1つに「通貨ペア選び」というものがあります。

スイング向けの通貨ペアの条件とは

  • トレンドがハッキリ出るもの
  • 流動性が高い
  • メジャー通貨
  • 自分が分析・予想しやすい

この4つです。
この中でもっとも大切なのはトレンドがハッキリ出るかどうかでしょう。

大きな利益をスイングトレードで狙うなら、動いても少しだったり、トレンドがすぐに終わってしまう通貨ペアではなかなか目標の利益まで到達しません。

レンジ相場になってほとんど動きがなくなってしまうと、結局適当なところで決済するか、そのまま気長に動きが活性化するのを待つしかありません。限られた資産を有効に使うためにも無駄に時間は使いたくないものです

初心者のスイングトレードに適したペアはやはり「ドル円」でしょう。

ドルも円もメジャー通貨であり、流通量が多いためトレンドが発生しやすいうえに、比較的読みやすい動きをするからです。

以上t5つががスイングトレードの必勝法です!

 

スイングトレードにおすすめのFX口座は?

さてここでは、実際にスイングトレードをするにあたって最適なFX業者をご紹介していきたいと思います。

FX口座なんてどこも一緒でしょ?と思われた方、それは間違いです!

各FX会社には特徴があり、その特徴によってスイングトレードに向いているところ、そうでないところがあるんです。

今回ご紹介するおすすめのFX口座は以下の3つです。

  • GMOクリック証券
  • 外為オンライン
  • DMMFX

1.GMOクリック証券

GMOクリック証券は、大手証券会社が運営することによる信頼度、そして狭いスプレッドが魅力の取引高世界トップクラスを誇るFX口座です。

スマホやタブレッド専用の取引ツールの充実度が非常に高く、チャートの種類も豊富なのでスマホやタブレットでもパソコンとほぼ遜色ないトレードができますよ!

GMO証券はスワップポイントの高さにおいても業界トップレベルをマークしているのでスイングトレードで利益が出しやすいFX会社と言えるでしょう。

2.FXプライムbyGMO

FXプライムbyGMOは、口座開設者の2人に1人が初心者と言われているFX会社です。

そのためFX初心者向け無料セミナーを頻繁に開催していますし、「パッと見テクニカル」などFX初心者でも使えるテクニカルも人気の秘密です。

そしてFXプライムbyGMOはスワップポイントの高さでも知られています。

トルコリラなどスワップポイントが高い通貨でのトレードも出来き、いくつかの通貨においては業界トップレベルをマークしています。

スイングトレードで利益を出したいという方にとってはかなりおすすめのFX会社ですよ!

3.DMMFX

DMMFXは、FX国内口座数第1位を誇る日本を代表するFX会社の1つです。

DMMFXは時事経済ニュースを配信に非常に力を入れているため、最新の経済ニュースをいち早く知ることができ、ファンダメンタルズ分析をするにも最適、つまりスイングトレーダーには嬉しい会社です。

またDMMは買い・売りのスワップポイントが同じなので、両建てをしたいトレーダーにも人気ですよ。

以上3社が本サイトが選ぶスイングトレードに適したFX口座です。

 

FXでスイングトレードとデイトレどっちかが稼げる?

FX初心者にはスイングトレードがおすすめなことはわかっていただけたと思うのですが、FXをやる目的はやはり稼ぐこと・・・ですよね?

スイングとデイトレではどっちが稼げるの?と思った方も多いのではないでしょうか?

どちらが稼げるかは簡単には決めれません。

デイトレは、スイングトレードに比べてトレード回数が増えるので、チャートをチェックする回数は増えます。

しかし相場の急変に上手く乗れればそこで「爆益」を得ることも可能です。でもそれは逆を返せば「爆損」を出す可能性もあるということです。

一方、スイングトレードは、時間をかけ地味に利益を積みあげていくので爆益を出すことは難しいですが、冷静にポジション管理ができるため、爆損はありません。

チャートをチェックする回数も少ないので労力も少ない、と言えるでしょう。

つまり、どちらの取引方法も一長一短です。

どちらが稼げるかは、トレーダー次第ということです。

 

しかしまず最初はトレードの基礎とも言われるスイングトレードの腕を磨くことをおすすめします

テクニカルもファンダメンタルズもできれば、どんな取引スタイルでも利益を出せるようになるのですから!

 

FXスイングトレードで勝つためにおすすめの本はある?

さてこの記事をご覧になってくださっている方の中には、スイングトレードで勝つための本をお探しの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実はFX関連書籍は2,000冊以上が販売されています。

その中から一冊を選ぶのは簡単なことではありません。

個人的にはFXは習うより慣れろ、なので本を読むより、デモトレードをしたり1,000円通貨で取引したりしてとにかく実践するのがオススメです。

どうしても本を読みたいという方は、日向宏行氏の「ずっと使えるFXチャート分析の基本」がオススメです。

チャートを読むというのは、相場を読むことです。

チャートがちゃんと読めるようになると、スイングだけでなくスキャルピングでもデイトレでも勝率が上がりますよ!

 

スイングトレードをマスターしてアナタも勝ち組トレーダーに

いかがでしたか?

今回は「FXで勝つにはスイングトレードがおすすめ!スイングトレードのコツを教えます」というテーマでお送りさせていただきました。

スイングトレードはFX初心者でも取り組みやすく、もっとも利益が出しやすいトレード方法です。

スイングトレードで養った相場を読む力はスキャルピングやデイトレにも必ず生かされます。

勝ち組トレーダーでも最初は初心者です。

すぐに利益が出せなくても、相場から退場せずにトレードを続けていけばきっと安定した利益を出すことができるようになりますよ!

ぜひアナタもスイングトレーダーで勝ち組トレーダーの仲間入りをしましょう!

-Uncategorized

Copyright© FXスマホ攻略戦記 , 2019 All Rights Reserved.