愛宕花相撲

 

画像 045 (2)

女相撲「愛宕花相撲」

明治生まれの婦人たちが、大正初期に初午や祭りの出し物として始まったのが女相撲であります。

昭和28年を最後に一時姿を消しましたが、愛宕地区の女性たちが、『花相撲の灯りを消してはならない。

今伝承していかなければ』という危機感をもち、大変苦労して昭和55年7月、27年ぶりに復活させました。

呼び出しから行司、横綱、幕内力士まで総勢50数人。

力餅がふるまわれ、幕内力士、横綱の土俵入り。「千厩名物何よと問えば、女相撲に玉の春・・・」と

女相撲甚句が流れ「ドッコイ、ドッコイ」の掛け声が追いかけます。

■ご案内


所在地:〒029-0803 一関市千厩町千厩字町浦 愛宕神社神楽殿

問合せ先:愛宕花相撲保存会 永澤 【TEL】0191-52-2054


トップへもどる