安楽寺の菅秀才精霊塔

学問の神

福寿山安楽寺(千厩町磐清水字松森)は、今から1070年以上前、右大臣菅原道真公の四男、菅秀才が

父の霊を奉るため開山した寺で、裏山には、学問の神様「菅原道真」と「菅秀才」の精霊塔が並んで建って

います。

福岡と岩手、遠く離れて亡くなった親子が千厩の地で並ぶ精霊塔です。本堂奥にある位牌堂には、

「福壽院殿安峯昌楽大居士」の名前が刻まれた菅秀才の位牌が安置されています。

■ご案内


所在地:〒029-0804  岩手県一関市千厩町磐清水字松森15

営業時期:

営業時間:

問合せ先:


                                                                                                                           Homeにもどる↑