室根山参道口一ノ鳥居

 

幽玄の歴史を秘める東山の霊峰室根山入口

 

秀峰室根山は、元正天皇の勅願により紀州牟婁郡より熊野神の分霊勧請以来、鎮守将軍大野東人は元より征夷大将軍坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)、分屋綿麻呂(ふんやのわたまろ)等をはじめ陸奥国奥七郡の総鎮守として広く人々の信仰を集めた御山である。

嘉祥三年(850)僧円仁(慈覚大師)は山頂において北の壇、西の壇を造り清め護摩法を修した事により室根山一山天台宗の御山となり、折壁の蛇石と奥玉(根山)の参道口の二箇所に大鳥居を創建した。

平泉藤原時代になると、この地は表参道と称し「一ノ鳥居」と称された。

 

ご案内

所在地:〒029-0802 一関市千厩町奥玉字大平地区

営業時期:

営業時間:

問合せ先:一関市役所千厩支所産業経済課 【TEL】0191-53-3963


                                                                                                                        Homeにもどる↑